ミコノス島の行き方は?島内の観光情報!

外国

ミコノス島とはエーゲ海に浮かぶキクラデス諸島にある島だそうです。

といってもいまいちどこの国に属して、

どのあたりにあるのかわからない汗。

ということで、

グーグルマップで検索してみたら

こんな感じの場所でした!

ざっくり言うとギリシャとトルコのちょうど間、

エーゲ海の中心にあるような島ですね!

人口6200人程度の小さな島で、

公用語はギリシャ語。

観光地なのでレストランなどでは

英語が通じるそうです。

日本からミコノス島への行き方

ミコノス島は小さな島なので

日本からの直行便はもちろんありません。

まずは最寄りの大都市ギリシャ・アテネを目指します。

おすすめ空路としては、

成田~ドバイ経由~アテネ

エミレーツ航空やカタール航空などが

金額も安く乗り継ぎもスムーズですね。

他にもドバイからウィーン経由や

イタリア経由もあるみたいですが、

乗り継ぎも多くなり時間も掛かるよう。。

そこからミコノス島への行き方は2通り。

国内線の飛行機とフェリーです。

飛行機はオリンピック航空や

スカイエクスプレスなど。

利用者の声ですと、

スカイエクスプレスがおすすめだそうです。

直行便で45分。結構近いですね!

フェリーは従来型船と高速フェリーの二種類があって

ギリシャのピレウス港やラフィーナ港から出ています。

アテネからの移動を考えると

空路の方が楽チンでしょうが、

ギリシャを満喫しながらを考えると

フェリーもありですよね!

ミコノス島の観光情報!

エーゲ海の宝石、ミコノス島。

ここは行っておきたい!という観光スポットを

いくつかピックアップしてみたいと思います。

ミコノスタウン

なんといってもミコノス島の魅力は

その白で統一された街並みです。

爽快な青空とエーゲ海の透き通ったブルーとの

コントラストがもう別世界です!

カトミリの風車

ミコノス島の紹介をするのに

風車は欠かせないのですが、

一番有名なのがカトミリの風車です。

今は動いてないそうですが

かつてはエーゲ海の強い海風を利用して

小麦を引いていたそうです!

現在はミコノス島のシンボルスポットですね。

パラポルティアニ教会

15世紀から17世紀に建てられた教会。

ギリシャ正教の建物で白い壁面が何とも独特。

観光スポットとしてもアクセスが良く、

内部は見れないですが写真に収める価値ありです。

まとめ

以上、ミコノス島の日本からの行き方と観光情報まとめでした!

今回記載した内容以外にもミコノス島のビーチや

博物館、遺跡、クラブなどなど盛りだくさんのミコノス島。

人生で一度は訪れたい島、ミコノス島でした!

タイトルとURLをコピーしました